【ライースリペアコンセントレーションD/W】美容液2種類使い比べてみた

更新日:

ライスパワーエキス の開発元である勇心酒造のエイジングケアライン、ライースリペア。

トライアルセットで使えるのは化粧水→美容液→クリームの3品なのですが、実は化粧水の前に使う集中ケアアイテムが優秀すぎることが判明。

2種類あって、

  • ライースリペアコンセントレーションD 13,000円(税抜)
  • ライースリペアコンセントレーションW 13,000円(税抜)

となります。

どちらもトライアルがあるので、2つ取り寄せて違いをチェックしてみたくなったのです。

コンセントレーションDコンセントレーションW
ライスパワー エキスNo.11/No.7No.11/No23
特徴乾燥肌・荒れた肌に内側から湧き上がるようなハリを肌を保護してキメを整え、輝く明るいツヤ肌へ

この特徴に書かれていた「内側から湧き上がるよな・・・」という表現、これ、あながち嘘じゃないです。

ものすごい潤い感ありました。

薬用濃縮美容液とは?

ライースリペアシリーズは、化粧水・美容液・クリーム・唇用美容液があります。

さらに集中ケアアイテムとして2種類の美容液があるのですが、こちらは化粧水の前に使うもの。

お肌の状態に合わせてどちらかを選ぶと良いとのことです。

コンセントレーションDの特徴

高濃度のライスパワーNo.11とライスパワーNo.7。

乾燥対策の超強力な味方です。



1本30mlで朝晩使用で1〜1.5ヶ月。

通常価格13,000円(税抜)。定期は10%オフ。

トライアル3ml  5回分で1,300円(税抜)。

少しとろみのある美容液です。

洗顔後に塗るとするするーっと肌になじんでいきます。

コンセントレーションWの特徴



コンセントレーションWは、ライスパワー No.11とNo.23をダブル配合。

キメと透明感にしっかり実感あります。

1本30mlで朝晩使用で1〜1.5ヶ月。

通常価格13,000円(税抜)。定期は10%オフ。

トライアル3ml  5回分で1,300円(税抜)。

コンセントレートDよりはやや白っぽく、とろみも若干あるかもしれません。

塗るとやや清涼感があり、さっぱりしつつ潤います。

コンセントレーションシリーズ使った感想

「濃縮美容液」といわれる通り濃い!

肌にまとったとたんに実感がわく美容液です。

個人的にはコンセントレーションDがより好みでした。

かなり乾燥した肌でも、本当に内側から湧き上がるようなしっとり感やハリを感じられましたし、そのあとにつける化粧水の潤いもいつも以上に感じられるような気がしました。

WはDに比べるとややさっぱり。

夏ならWでもいいかなと思いました。

どちらも、ライスパワー のエッセンスをぎゅーっと凝縮したエッセンスです。

ライースリペアシリーズの3点だけでも、保湿力がすごく高いスキンケアなのですが・・・

でも、空調などで乾燥したり、エイジングでくすみが気になるときに、コンセントレーションシリーズをスペシャルケアに使うことでかなり大きな違いがありそうだなと思いました。

濃縮美容液は、ライースリペアシリーズを使っている人におすすめのアイテムです。

トライアルサイズ、3mlで1300円ということで、決して安くはないです。

でも、5回使えばご自分がこのアイテムを必要かどうかがかなりの確率でわかると思います。

ライスパワー オンラインショップ

 

ライースリペアシリーズが初めての方はまずは基礎化粧品のセットがおすすめです。

ライースリペアトライアルセットのレビュー記事はこちらから>>

  • この記事を書いた人
アバター

わた子

菌活・腸活・発酵好きのブロガー。 菌活・腸活(食べ物やサプリ)でインナービューティー目指すサイトを運営していますが、当サイトではお米のコスメに特化した情報を発信します!

-ライースリペア

Copyright© 米コスメ.com , 2019 All Rights Reserved.